チベット食と蔵茶

モモ

チベット族の方に色々と教えていただきながら、普段この地域の方が食べている食事をいただきました。

このパンはモモと呼ばれる主食です。チベット料理のモモというと水餃子の様な料理が有名ですが、このあたりではこのパンをモモと呼ぶそうです。このモモというチベット料理は地域によって違うようで、別の場所では饅頭(具の無い蒸しパン)もモモと呼ばれるとか。そう遠くない陝西省にこの地域のモモに似たパンがありますが(もっと大きさは小さいです)、それらは饃饃(モーモー)と呼ばれます。どこかで関連しているのかもしれませんね。

大きさはとても大きく、人の顔よりも大きいパンです。チベット族の方のテーブルには必ず1枚はある主食です。あまりの大きさに驚いたのですが、半分といった単位では販売していなく基本は1枚です。食べきれない分は持ち帰ります。素朴なパンですが、粉本来の味わいが伝わってくる美味しいパンでした。

豚ベーコン

天井から吊り下げられていた豚肉とその場にあった野菜を炒めたものです。この時はキクラゲでした。
この豚肉は雲南省のデチェン・チベット族自治州のあたりで食べている琵琶肉と呼ばれる保存用加工肉に似ているようです。この琵琶肉には藏猪と呼ばれる山岳地帯でも飼育が可能な豚が使われることが多いのですが、この地域も標高が高いことからも、この藏猪が使われていたのかもしれません。
味付けはこのベーコン状の豚肉の塩気だけで、とてもシンプルでした。それだけに素材の美味しさが楽しめます。もちろん化学調味料は使用されていません。チベット自治州に入ってから食べた食事の中では一番美味しい食事でした。

ジャガイモ

地元で作られるジャガイモを茹でただけのシンプルなものですが、とてもしっとりしていて美味しいジャガイモでした。特に赤い皮のジャガイモはデンプン由来の甘みが強く美味しかったです。味付けなどは一切無く、別皿に添えられた塩でいただきます。

食事自体はこれらの至ってシンプルなものでした。とはいえ、かなりお腹いっぱいになる内容です。

蔵茶

お茶といえば蔵茶です。厨房の端に蔵茶が火にかけられています。ヤカンの中には蔵茶と水が入っていて、1日中このように火にかけながら煮だしています。煮だしたお茶が減ったら水を足し、薄くなったら蔵茶を足します。

ここではバター茶ではなく、もっと軽いミルクティーをいただきます。バターやクルミ、ハダカムギの粉は入ってはいませんが、日本のミルクよりももっと乳脂肪分が多いミルクと塩を入れて撹拌します。それをアルマイト製(と思われます)のポットに移して冷めないように火の近くで保温しています。

蔵茶

ほんのりと塩味のするミルクティーは思っていた以上に身体が暖まります。かなり美味しいミルクティーで、塩を入れて楽しむ発想がなかただけに驚きました。食事とも合わせやすく、現地ではかなり癖の強い蔵茶を使っているのですが、塩を入れたミルクティーにすると癖も殆どありません。
食事の内容が良くなった現在のこの地域ではバター茶よりもこのミルクティーが良く飲まれているそうです。確かにバター茶はそれだけでお腹にたまるような、食事の1つであるようなお茶でしたが、このミルクティーは気軽に飲むことができます。生活の変化とともに蔵茶の飲み方も変化していくんですね。


民国60年 包種老茶
民国60年 包種老茶

台湾・石錠の茶商の倉庫で発見された、民国60年、1971年の老茶です。忘れ去られていた包種老茶で非常に良い状態です。

4~5年前に作られた包種茶の老茶というのは本物、偽物を問わず見つけることはできますが、民国60年、1971年の老茶は、まず出まわることはありません。現在は窒素肥料の使用などの問題が挙げられる台湾ですが、40年前には肥料はもちろん農薬も使われることもなく、現在の茶樹にはないパワーの感じられる上質な茶葉です。今となってはこのような良質な茶葉の入手が本当に難しくなりました。

とろりとした甘さ、南国の果実を思わせる柔らかい酸味が、40年近く経った老茶とは思えないほどフレッシュに感じられます。それでいて老茶ならではの優しさ、柔らかさがあり、言葉では表現しきれない程に複雑な美味しさを持っています。

日本はもちろん、台湾でもまず見つけることのできない品質の老茶です。

普洱熟散茶 2009年
普洱熟散茶 2009年

このプーアル熟散茶は普段使いにお勧めのお茶です。

深みのある旨味と甘味があります。ナッツのような香ばしい香りとナツメのような果物の香りも楽しめます。

とても香り、味ともに良く、身体の温まるお茶です。入門用のプーアル茶としても最適です。

チベット食と蔵茶」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 鈴茶堂 SUZUCHADO » チベット ラサ 倉姑寺茶館

コメントは停止中です。