新入荷情報」カテゴリーアーカイブ

2022 九曲紅梅 蔵茶 入荷しました! / 発送業務お休みのお知らせ

九曲紅梅が今年も入荷しました!

この紅茶は福建省北部の武夷山付近から太平天国の乱の混乱を避けて浙江省のこの地へ湖埠へ移住してきた人々が作り出した紅茶と言われ、その名にある九曲は武夷山にある九曲溪から名づけられたものと言われます。

この紅茶の伝統的な茶樹品種は在来種である鳩坑小葉種ですが、実際には様々な品種が使われています。龍井茶の品種が使われているとも言われますが、このお茶は九曲紅梅の伝統的な鳩坑小葉種のみを使って作られています。

伝統 九曲紅梅 2022
伝統 九曲紅梅 2022

大湖山で栽培された伝統的な品種と製法を守って作られています。
とても技術の高い現地では非常に有名な茶師が全て手作業で、機械を使わずに作ったとても上質な九曲紅梅です。

玖瑰(メイクイ) 九曲紅梅も入荷しています。

茶葉はもちろん、花も無農薬栽培を行っているため、生産量が少ないお茶です。花茶では珍しく男性に人気の高いお茶でもあります。
今年も美味しく仕上がりました。

無農薬 玖瑰 九曲紅梅 2022
無農薬 玖瑰(メイクイ) 九曲紅梅 2022

茶葉はもちろん、バラの花(玖瑰)に至るまで無農薬で栽培していますが、そういった栽培方法だけでなく、大変に美味しくバランスの良い花茶です。
九曲紅梅の優しい味わいとお茶本来の香りが玖瑰と見事に調和しています。
この美味しさは茶葉を作る作り手の技術と玖瑰を育てる作り手の技術、そして製茶を行う作り手の技術の集大成です。これほどまでに美味しい玖瑰紅茶はなかなか出会えないと自負しています。

上質な九曲紅梅はつくられたばかりよりも半年、1年後がより美味しくなります。
より深い味わい、奥行きのある甘味をご希望される場合は2021年の九曲紅梅がおすすめです。

伝統 九曲紅梅 2021

無農薬 玖瑰 九曲紅梅 2021


毎日のお茶として人気の高い蔵茶が入荷しました!
中国国内の新型コロナウィルス感染状況悪化などの影響で輸送が大幅に遅延し、入荷が遅れておりました。
長く品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

なるべく品切れすることのないよう蔵茶は定期的な輸入を行っておりますが、今後も中国国内状況および国際輸送状況によっては遅れる場合がございます。
どうぞご了承ください。

蔵茶 康磚(布袋)
蔵茶 康磚(布袋)

甘い香りで味は非常に柔らかくて甘く、飲みやすく、癖がありません。
香ばしさもあり、香り高く、品のある甘さが感じられます。

蔵茶は胃腸に優しいのが特徴です。
胃腸をはじめ、体に疲れがでるこの時期こそ、おすすめのお茶です。
店主は過去に急性胃腸炎になった際、当然、お茶はもちろん、白湯も受け付けないほど胃腸が弱っていたのですが、この蔵茶だけは大丈夫でした。それほど胃腸、体に優しいお茶です。


■ 発送業務お休みのお知らせ ■

9月10日、および9月16日から27日までの間は出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。
大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2022年 無農薬 碧潭飄雪(ジャスミン茶)入荷しました! / 発送業務お休みのお知らせ

日常のお茶としても人気の高いジャスミン茶、碧潭飄雪が入荷しました!
長く品切れでリピートされているお客さまにはご不便をおかけしました。


無農薬 碧潭飄雪 2022

現在流通するジャスミン茶には完全無農薬のものはまず存在しません。
というのも、茶葉よりも香りの強いジャスミンの花を栽培する場合に、花が虫を引き寄せてしまうため、無農薬で栽培することが非常に難しく、茶葉は無農薬でもジャスミンは農薬を使用せざるを得ないという事情があります。

この碧潭飄雪はそのジャスミンの花においても無農薬にこだわっています。

この碧潭飄雪に使われるジャスミンの花は、木にネットをかけて栽培し、それらの木から摘み取られたジャスミンを使って作られています。非常に手間のかかる栽培方法のため、多くの量を作ることはできません。もともとは自家用として作られていたものですが、特別に当店用にも栽培していただいています。

茶葉は四川省蒙山の標高1000m以上という高山地帯で栽培された蒙頂甘露を使用しています。こちらも無農薬で栽培されています。

当店の碧潭飄雪の特徴は無農薬というだけではありません。ジャスミン茶を作るためには生の花から花の香りを茶葉に移しますが、その際にどうしても花のもつ水分が茶葉に吸収されてしまいます。そのため、いちど花の香りを移した茶葉は加熱して乾燥させます。これを何日も何度も繰り返すのですが、段々と茶葉も焼けてしまいます。多くのジャスミン茶に焼けたような味が残るのはそのためです。
この碧潭飄雪にはその独特の味がありません。非常にフレッシュで甘く爽やかな香りと味を持っています。

ジャスミン茶はどれも同じと思っている方も多いと思いますが、そういった方にぜひお勧めしたい、とても美味しいジャスミン茶です。

円安、輸送コストの高騰などの影響は、この碧潭飄雪も例外ではありませんが、8月31日24:00まではwebショップ会員様限定で前年と同価格でご提供させていただきます。それ以降は一般販売とさせていただきますが、価格が変わります。
ご了承ください。


■ 発送業務お休みのお知らせ ■

9月10日、および9月16日から27日までの間は出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。
大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

鳳凰単叢白茶 四川紅茶 入荷しました! / 発送業務お休みのお知らせ

夏だけでなく年間を通してリピートの多い鳳凰単叢の白茶が今年も入荷しました!
鳳凰単叢と言えば広東省北部の烏龍茶、青茶で有名ですが、その鮮葉を使って作られた白茶です。

野生高山鳳凰単叢 白茶 2021
野生高山鳳凰単叢 白茶 2021

産地の中でも高山地区(大奄・標高約950〜1000m)で育った野生茶樹から作られた茶農家さんの自家用の白茶を入手させていただいています。毎年大変ご好評をいただいたいておりますため、茶農家さんのご好意で当店の分も製茶してくださいました。

しっかりと発酵しているタイプの白茶です。
鳳凰単叢の香りの良さ、特有の清涼感が心地よく、爽やかな紅茶のようなニュアンスもあり、とても素敵な白茶です。味わいも甘く、旨味が深く、鳳凰単叢ならではの味わいが楽しめます。
珍しいというだけでなく、素晴らしく美味しい白茶に仕上がっています。


鈴茶堂定番とも言える紅茶、四川高山花香紅茶が入荷いたしました!
毎日の紅茶としてご愛飲いただいている方も多い紅茶です。

四川高山花香紅茶 2022
四川高山花香紅茶 2022

四川省で作られる紅茶は川紅と呼ばれ、古くから作られていた伝統的なお茶の1つです。しかしながら中国国内では殆ど見かけない、希少な紅茶で、昨今の紅茶ブームで生産量も増えてきたものの、一般にはまだまだ見かけることの少ない紅茶です。
また四川は他の茶産地に比べても小規模な作り手が多いせいか製品の質が安定しないという特徴もあります。良い作り手を見つけることが難しい地域でもあります。

この紅茶を作る茶師はとても研究熱心で製茶機械から自作、改良を続けていたり、農閑期には大学で製茶について学生に指導を行うような、とても研究熱心で真面目な方です。

美しい黒い艶がある茶葉には金色のゴールデンチップが素晴らしく多く、大変に美しい紅茶です。乾燥状態でも驚くほどの甘い花香を感じます。細かな柔らかい新芽のみを使用した大変に品質の良い紅茶です。
花香と名前が付いていますが着香した花茶ではありません。茶葉本来の香りを引き出した大変上質な紅茶です。


■ 発送業務お休みのお知らせ ■

8月19日および20日は武夷岩茶鳳凰単叢試飲会の開催のため
発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。
大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

蘭香甘露 荒野鉄観音 入荷しました!

毎年、大変ご好評をいただいております蘭香甘露が入荷しました!
珍しい君子蘭の香りを移した花茶です。

蘭香甘露 2022
蘭香甘露 2022

中国・四川省の有名な名茶、蒙頂甘露の茶葉に丁寧に君子蘭の香りを移した上質な花茶です。
一般的に花の香りを移す花茶に使われるのはジャスミンの花(茉莉花)ですが、この蘭香甘露は君子蘭を使用して香りを移しています。
清らかで品格のある蘭香と蒙頂甘露の優しく深い味わいが素晴らしいお茶です。

君子蘭の香りを移した花茶は非常に珍しいものです。一般的なジャスミンなどよりも君子蘭の場合は香りを移す工程が難しく、茶師の技術が問われます。この蘭香甘露を作り出した茶師は店主が知る限り最も高い技術を持っています。
生の花から花の香りを茶葉に移しますが、その際にどうしても花のもつ水分が茶葉に吸収されてしまいます。そのため、1晩花の香りを移した茶葉は加熱して乾燥させます。これを何日も何度も繰り返すのですが、段々と茶葉も焼けてしまいます。多くのジャスミン茶をはじめとした花茶に焼けたような味が残るのはそのためです。
この蘭香甘露にはその独特の味がありません。非常にフレッシュで甘く爽やかな香りと味を持っています。

冷やしても美味しく楽しめます。


久しぶりに鉄観音が入荷しました!
今年は荒野、野生茶樹から作られた鉄観音をご紹介させていただきます。

感徳 荒野鉄観音 炭焙 2022春
感徳 荒野鉄観音 炭焙 2022春

福建省安渓感徳の中でも標高1000mを超える山の中で自生する野生茶樹から作られた鉄観音です。

このお茶の茶摘みの様子は以下でご紹介しています。

人の手が入っていない野生茶樹から茶摘みを行っています。通常の茶摘みよりも大変な労力が要求されますが、無肥料、無農薬の茶樹から作られるお茶は、その美味しさが違います。

春茶ならではのやさしい味わいとミネラル感、柔らかい花香と火の香りがほっとするような優しい香りの鉄観音です。炭焙煎の優しさが伝わるような深みのある旨み、甘味が身体中から戻ってくるような、ほっとする味わいの鉄観音に仕上がっています。
夏の時期の焙煎されたお茶の美味しさはまた格別で、沁み入るような美味しさがお楽しみいただけます。

漳平水仙(ショウ平水仙) 春茶 入荷しました!

今年も漳平水仙(ショウ平水仙) 入荷しました!
中国・福建省のショウ平市という場所で伝統的に作られている烏龍茶です。
その形はとても珍しい固形の烏龍茶で、四角い茶餅の形をしています。

中国の茶商さんですら知らない人が殆どという流通の少ない珍しいお茶ですが、製茶品質のばらつきが大きく、鈴茶堂ではずっと何年も現地に通って、ようやく納得できる品質のお茶を作る、茶農家さんと出会い、以後10年間以上、日本の方が殆どこのお茶をご存じないという時からご紹介してきました。

昔のままの村で、今も殆ど手作業で1つ1つ丁寧に作られています。
また、無農薬、有機栽培を徹底しており、茶畑の中には養蜂の巣箱がたくさん配置されています。茶畑で取れるこの蜂蜜も村の大事な収入源となっています。

無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2022年春茶
無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2022年春茶

漳平水仙(ショウ平水仙)には桂花香型と花香型とあります。桂花香型は漳平の中でも比較的低標高の茶畑で作られたものを、花香型は標高の高い茶畑で作られた上質なものとなります。
この漳平水仙(ショウ平水仙)は花香型の中でも最高品質の蘭花香型になります。
標高800m以上の、ショウ平の中では最も高地の茶畑で作られています。また、機械を可能な限り使用しない伝統的な製法で作られています。

また固形にする際の技術も味わいや香りに影響します。
熟練した茶師によるものは、大きすぎず、圧をかけすぎず、最適な大きさ、緊圧をもって成形を行います。産地でもこの成形技術のレベルはまちまちで、大きすぎるものや小さすぎるものなど様々なものが見られます。実際、大きすぎるものなどは味わいが鈍く感じるようになってしまいます。
当店では最適な大きさ、味わいが鈍くなるような成形のものは選ばす、最高品質の蘭花香型にこだわって選んでいます。

無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2022年 炭焙煎 春
無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2022年 炭焙煎 春

とても希少な炭焙煎の漳平水仙(ショウ平水仙)(青茶)です。
この炭焙煎は紙に包んでから行うため、通常よりもずっと時間も技術も必要となり、今では数件の茶農家でしか行うことができません。

ほっこりとした香ばしい火の香りと、甘い柔らかな花香が感じられます。
深みのある旨みと柔らかで心地良い回甘、ミネラル感がとても強く、焙煎を施すことでまた違った茶樹の旨味を強く感じることができます。
最近は軽火(軽焙煎)をご紹介しておりましたが、この春は蘭花香を十分に引き出せるよう中火(中焙煎)に仕上げていただきました。暑い夏に心地よく感じていただけるような焙煎具合にしております。

春茶は優しい味わいが特徴的です。
特に今年の春茶は優しい甘みが特徴的です。

秋茶との違いを比べて楽しむのもおすすめです。
同じ茶畑の同じ作り手によるお茶の季節の違いも美味しくお楽しみいただけます。

無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2021年秋茶
無農薬 伝統 漳平水仙(ショウ平水仙) 2021年 炭焙煎 秋

祁門 冰島古樹晒紅 蔵茶 入荷しました!

人気の祁眉(祁門紅茶)が今年も入荷しました!

祁門は祁門香と呼ばれる蘭の花の香りとリンゴなどの果物に例えられる特有の香りを目指して作られます。この祁門香をスモーキー(焙煎香)と
例えられることがありますが、それは本当の祁門香ではありません。本来の祁門はスモーキーではあってはならないのですが、焙煎香のない祁門を作るのは難しく、流通する多くの祁門はスモーキーなものが多く見られます。焙煎香のない祁門を作ることができる製茶場が非常に少ないのも事実です。

2022年の3月下旬に祁門本来の在来品種のみを使って丁寧に製茶された祁門です。
祁門の中でも最高級のものに名づけられる祁眉は、祁門の中でも仙寓山の海抜1000m付近にある茶畑から作られます。その中でもこの祁眉は樹齢80年近くと思われる、何世代も大切に育て続けてきた古樹から作られています。
日本では祁門の中でも紅香螺が上質なものとして知られつつありますが、祁眉はさらにその上の品質のものです。紅香螺は田螺の形状、丸まった形状をしていますが、これはある程度茶葉が成長して大きくならないとその形状にすることができません。茶葉が小さい、最上級の茶葉から作られるものが祁眉となります。また、紅香螺は近年になって作られるようになったものですが、祁眉は昔からのまま、伝統的な製法によるものとなります。

祁眉(祁門紅茶) 2022
祁眉(祁門紅茶) 2022

祁門は1年が経過して本来の祁門香が楽しめると言われる紅茶でもあります。
また、味わいも深く美味しく変化していきます。お手元に長く置いていただき、その変化を楽しむのもおすすめです。
特に今年は果花香が素晴らしく、現在でも驚くほどに美味しい祁門ですが、その先の変化もとても楽しみな品質の高さです。

6/13頃から順次発送させていただきます。


冰島といえば普洱茶に詳しい方はご存知のように大変上質な普洱茶が産出されることで知られる名産地の1つです。
今年は現地作り手さんにお願いして、この地域で大切に守られてきた、樹齢300年を超えると思われる古樹から晒紅を作っていただきました。通常の雲南紅茶とは違い、天日乾燥、つまり火や熱を使わず、全て太陽のちからを使用して作られています。

冰島湖古樹晒紅 2022
冰島古樹晒紅 2022

爽やかな梅香が素晴らしく、冰島らしいミネラル感と甘味、やさしい酸味が心地よい紅茶です。
一般的な製法の雲南紅茶とはまた違う晒紅ならではの素朴さに加え、冰島の老茶樹ならではの力強さも感じるお茶です。
時間の経過と共に、より甘く深み増す香りと味わいは晒紅ならではのものです。
今の美味しさはもちろん、数年後もまた楽しみなお茶です。

6/13頃から順次発送させていただきます。


毎日のお茶として人気の高い蔵茶が入荷しました!
中国国内の新型コロナウィルス感染状況悪化などの影響で輸送が大幅に遅延し、入荷が遅れておりました。
長く品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

なるべく品切れすることのないよう蔵茶は定期的な輸入を行っておりますが、今後も中国国内状況および国際輸送状況によっては遅れる場合がございます。
どうぞご了承ください。

蔵茶 康磚(布袋)
蔵茶 康磚(布袋)

甘い香りで味は非常に柔らかくて甘く、飲みやすく、癖がありません。
香ばしさもあり、香り高く、品のある甘さが感じられます。

蔵茶は胃腸に優しいのが特徴です。
胃腸をはじめ、体に疲れがでるこの時期こそ、おすすめのお茶です。
店主は過去に急性胃腸炎になった際、当然、お茶はもちろん、白湯も受け付けないほど胃腸が弱っていたのですが、この蔵茶だけは大丈夫でした。それほど胃腸、体に優しいお茶です。

蔵茶入荷しました!/ 今後の入荷予定について

毎日のお茶として人気の高い蔵茶が入荷しました!
中国国内の新型コロナウィルス感染状況悪化などの影響で輸送が大幅に遅延し、入荷が遅れておりました。
長く品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

なるべく品切れすることのないよう蔵茶は定期的な輸入を行っておりますが、今後も中国国内状況および国際輸送状況によっては遅れる場合がございます。
どうぞご了承ください。

蔵茶 康磚(布袋)
蔵茶 康磚(布袋)

甘い香りで味は非常に柔らかくて甘く、飲みやすく、癖がありません。
香ばしさもあり、香り高く、品のある甘さが感じられます。

蔵茶は胃腸に優しいのが特徴です。
胃腸をはじめ、体に疲れがでるこの時期こそ、おすすめのお茶です。
店主は過去に急性胃腸炎になった際、当然、お茶はもちろん、白湯も受け付けないほど胃腸が弱っていたのですが、この蔵茶だけは大丈夫でした。それほど胃腸、体に優しいお茶です。


■ 今後の入荷予定について ■

中国国内の物流遅延の影響で入荷が遅れております。

日本のニュースなどでは主に上海や北京の一部で行われている、新型コロナウィルス感染拡大による行動制限が報道されていますが、実際には中国国内の多くの都市で行動制限が実施されています。特に国際輸送の拠点となる都市部のほとんどが行動制限の実施が行われており、現時点では中国からの発送がほとんど止まっている状態です。

毎年ご紹介を行っているお茶なども今年はご紹介時期が遅れることが見込まれております。
どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。

太平猴魁 霍山黄芽 黄山毛峰 入荷しました! / 蔵茶の入荷について

昨年はじめてご紹介、人気が高かった太平猴魁が今年も入荷しました。
5/16頃から順次発送となります。

手工 太平猴魁 2022
手工 太平猴魁 2022

胡錦濤前国家主席が訪中したロシアのプーチン氏にプレゼントしたことから注目、一時は大変に高価な価格で取引されていた緑茶です。柿大茶種という大きな茶葉から作られる独特の形状をした茶葉は、その外観もあって一躍有名となりましたが、清代のころから作られています。

味わい、香りはとても優しく繊細です。
機械で作られる太平猴魁は今回ご紹介するものよりも扁平な形をしていますが、今回ご紹介する太平猴魁は手工、機械を使わずに全て手作りのお茶です。
4月14日に摘み取られ、丁寧に製茶されています。

清らかな蘭香が高く出ます。太平猴魁では蘭香と呼ばれますが、日本の方には桜の香りを連想するかもしれません。
茶質がしっかりとした上質な茶葉であるため、とろりとした甘い味わいが長い余韻と共に楽しめます。


中国を代表する銘茶、中でも希少性の高い黄茶の霍山黄芽です。
中国10大銘茶の1つとして知られています。
大変に歴史が古く、唐代の頃からこの地でお茶が作られ、現在の製法が確立されたのは明代、その後の清代では皇帝献上茶として高い評価を受けているお茶です。

名産地の1つとされる金竹坪で有機栽培された茶樹から丁寧に摘み取られた茶葉から作られています。特に金竹坪の霍山黄芽は金竹坪黄芽とも呼ばれ品質が高いことで知られています。

2022年 特級 霍山黄芽
2022年 特級 霍山黄芽

驚くような優しい甘味、複雑なミネラル感が合わさり、身体に沁み入るような優しいお茶に仕上がっています。
覚醒するような美味しさの緑茶とも違う、身体にやさしいお茶です。

中国国内でもあまり流通することのないお茶の1つですが、希少性というだけでなく、なによりも美味しく楽しんでいただきたいと思いご紹介させていただきます。

5/16頃から順次発送となります。


2022年は4年ぶりに店主友人のお父様が作る黄山毛峰をご紹介します。
湯温や茶器などを変えて淹れ方による味わいや香りの違いも、ぜひ楽しんでいただきたいと思い、黄山毛峰の美味しさが分かりやすく、高価すぎずにきちんと楽しめるものとして譲っていただきました。
産地の中でも上質な黄山毛峰が作られることで知られる岡村で無農薬栽培で育て作られた、とても美味しく、蘭香の素晴らしいお茶です。

黄山毛峰 2022
黄山毛峰 2022

とろみのある金色のお茶で見事な蘭香が感じられます。
味わいはしっかりとした甘味、滋味が感じられ、余韻も長く続きます。黄山毛峰の美味しさを楽しんでいただける非常にバランスの良いお茶です。

ご紹介できる量が少なく、5/15(日)24:00までは会員様限定でのご紹介とさせていただきます。ログインの上、お求めください。

5/16頃から順次発送となります。


■ 蔵茶の入荷について ■

中国国内の物流遅延の影響で蔵茶の入荷が遅れております。

日本のニュースなどでは主に上海や北京の一部で行われている新型コロナウィルス感染拡大による行動制限が報道されていますが、実際には中国国内の多くの都市で行動制限が実施されています。

そのため、現在は蔵茶に限らず輸送が混乱しておりますが、特に四川省といった内陸部から輸送を行う蔵茶はその影響を受けやすく、輸送中の紛失や遅延が発生しています。

5月中旬頃に再入荷予定でしたが、予測ができず、今月下旬以降になる可能性もございます。

品切れでご迷惑をおかけしますが、どうかご理解いただけますよう
お願いいたします。


■ 発送業務お休みのお知らせ ■

5月18日から20日までの間、出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。

大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

径山茶 金華野生茶 蔵茶 入荷しました!/ 発送業務お休みのお知らせ

今年も現地作り手さんのご好意で、機械を使用しない上質な手作り、手工の径山茶をご用意しました。

手工 径山茶 2022
手工 径山茶 2022

径山茶は日本のお茶の起源と言われているお茶です。
元々は径山寺という禅寺で作られていたお茶で、宋の時代に禅の修業に、この禅寺へ行った日本の僧侶が径山茶の種や茶道具などを持ち帰り、それが日本のお茶の起源になったと言われています。

今年の径山茶は清らかな花香がすばらしく、茶葉の持つ滋味と爽やかな甘味とのバランスも絶妙、沁み入るような、優しい美味しさを持つお茶です。手作り、手工のお茶ならではの完成度の高さです。

5月5日頃から順次発送となります。


今年も少量ですが作っていただきました。
栽培品種にはない驚くような甘味のある野生茶です。

金華 野生茶 2022
金華 野生茶 2022

店主友人のお母様が毎年手作りしているもので、名前のない自家製茶です。
人の管理下にない、本物の野生茶樹から作るお茶です。人が立ち入らない急斜面の山の中に自生する野生茶樹から作られています。
標高約800mの急斜面を1日茶摘みをして回っても1日で作れるお茶の量は多くてもたった250gです。山が厳しいうえに野生茶樹は品種改良された茶樹と違い成長が遅く、また点在して自生しているために、折角山に入っても少しずつしか摘むことができません。

整備された茶山と違い、厳しい原生林のため、山中の茶摘みは相当に体力を必要とします。そのため、このお茶は茶摘を手伝ってくれる親戚と親しい友人分のみしか作られません。
あと何年楽しめるか分かりませんが、今年も多くの方にこの優しさを味わっていただきたく、鈴茶堂にも分けていただきました。

もともとの製茶量が少ないため、少量入荷となっております。

5月5日頃から順次発送となります。


毎日のお茶として人気の高い蔵茶が入荷しました!
中国国内の新型コロナウィルス感染状況悪化などの影響で輸送が大幅に遅延し、入荷が遅れておりました。
長く品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

蔵茶 康磚(布袋)
蔵茶 康磚(布袋)

甘い香りで味は非常に柔らかくて甘く、飲みやすく、癖がありません。
香ばしさもあり、香り高く、品のある甘さが感じられます。

蔵茶は胃腸に優しいのが特徴です。
胃腸をはじめ、体に疲れがでるこの時期こそ、おすすめのお茶です。
店主は過去に急性胃腸炎になった際、当然、お茶はもちろん、白湯も受け付けないほど胃腸が弱っていたのですが、この蔵茶だけは大丈夫でした。それほど胃腸、体に優しいお茶です。

仕入れ価格および輸送コストの上昇、記録的な円安のため、今回入荷分より価格を改定させていただきました。
どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。


■ 2022年 新茶(緑茶)の入荷状況について ■

現時点で入荷を予定している新茶(緑茶および黄茶)は以下となっております。

安徽省のお茶:
太平猴魁 5月中旬頃入荷予定
霍山黄小茶(霍山黄芽) 5月中旬頃入荷予定

現在、中国国内での新型コロナウィルス感染拡大により、輸送状況が混乱している状態となっております。
輸送経路を工夫して対応していますが、状況によっては入荷が遅れる場合もあります。

どうぞよろしくお願いいたします。


■ 発送業務お休みのお知らせ ■

5月18日から20日までの間、出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。

大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2022年 蒙頂甘露 蒙頂石花 蒙頂黄芽 入荷しました!

大変お待たせいたしました。
2022年の蒙頂甘露 蒙頂石花 蒙頂黄芽が入荷しました!

10年以上ご紹介を続けている四川の蒙頂茶ですが、中国では物価や人件費の上昇が続いているにも関わらず、作り手さんのご厚意でほとんど価格を変えずにご紹介を続けることができました。しかしながら現在の記録的な円安、輸送コストの上昇などもあり、ご提供価格を変更せざるを得ない状況となりました。

4/17(日)24:00まではwebショップ会員様限定の先行販売として前年と同じ価格でご提供させていただきます。
4/18以降は一般販売、ご提供価格を変更させていただきます。

ご理解、ご了承いただけますよう、お願いいたします。

長年、家族のように懇意にさせていただいている蒙頂山の茶業さんですが、非常に研究熱心な方で、常日頃から製茶技術の改良を考え続けているような、本当に真面目な茶師さんでもあります。溶接機を片手に製茶機械ごと自作するほどの情熱を持った茶師さんです。常に昔からの技術を取り入れつつ改良を続けています。

4月18日頃から順次発送させていただきます。

2022年 明前 手工 蒙頂甘露
2022年 明前 手工 蒙頂甘露

このお茶の産地である蒙頂山(蒙山)は世界で最初に茶樹の人工栽培がおこなわれた場所です。その歴史からも分かるように、この蒙頂山でとれる上質なお茶は唐代から清代末まで皇帝献上茶として、その名を馳せてきました。日本では最も名前を知られている四川を代表する緑茶です。

蒙頂山

通常、四川省の緑茶は平地を中心に早い場所では2月下旬から茶摘みが行われます。
当店では蒙頂山でも標高の高い、山深い場所にある茶畑を指定して製茶してもらっているため、一般的な四川緑茶よりも遅い時期の摘み取り、製茶になります。かなり山の中、山奥にあり、一般的な四川の緑茶よりも茶摘みが遅くなりますが、平地茶と違い無農薬、味わいの深さ、甘味の優しさは、こうした厳しい環境によって作られます。

2022年 明前 手工 蒙頂石花
2022年 明前 手工 蒙頂石花

日本ではあまり馴染みのない蒙頂石花ですが、その歴史は古く、中国の銘茶の中では最も古いお茶とも言われています。
実は地元四川で一番親しまれているのはこの蒙頂石花です。

爽やかな豆香と花香が高く心地よく出ています。
味わいはすっきりとした甘味でありつつも、複雑でしっかりしたミネラル感と特徴的な爽やかで心地の良い微かな渋み、そしてしっかりとした余韻が続きます。煎持ちも非常に良い蒙頂石花です。

2022年 特級 手工 蒙頂黄芽
2022年 特級 手工 蒙頂黄芽

唐代から清代末まで皇帝献上茶としてその名を馳せてきた蒙頂茶ですが、特に黄茶は清代皇帝が愛飲したことでも知られています。

殆ど緑茶としか思えないような黄茶が増えている中、蒙頂黄芽としての美味しさも楽しめる上質な黄茶に仕上がっています。黄茶は美味しくない、嫌な癖があると思っている方にも是非お試しいただきたいお茶です。
毎年楽しみにお待ちいただいている方も多い、美味しい蒙頂黄芽です。


■ 2022年 新茶(緑茶)の入荷状況について ■

現時点で入荷を予定している新茶(緑茶)は以下となっております。

浙江省のお茶:
金華 野生茶 4月下旬または5月上旬にご紹介開始予定
手工 径山茶 仕上りの状態によっては入荷を見合わせることもあります

安徽省のお茶:
太平猴魁 仕上りの状態によっては入荷を見合わせることもあります

現在、中国国内での新型コロナウィルス感染拡大により、輸送状況が混乱している状態となっております。
輸送経路を工夫して対応していますが、状況によっては入荷が遅れる場合もあります。

どうぞよろしくお願いいたします。