カテゴリー別アーカイブ: 陜西省

咸陽 涇渭茯茶 訪問

涇渭茯茶

西安に向かった一番の目的は隣の咸陽にある涇渭茯茶を生産している咸陽涇渭茯茶有限公司の工場訪問でした。

黒茶として知られる茯磚茶は1368年(明代の洪武元年)ごろに陜西省咸陽で発明されました。生産地が現在の陜西省涇陽であったため、当初は泾阳砖(涇陽磚)と呼ばれていました。また、その売買には政府の許可証が必要であったため、「官茶」「府茶」とも呼ばれています。当時はシルクロードをつたって、西アジア、東ヨーロッパ、ロシアなどへ運ばれていたそうです。
1958年以降、流通経路の見直しなどがあり、その生産地が湖南省へ移ってしまいます。そういった事情などもあり、陜西省での磚茶作りが一度途絶えてしまいます。

涇渭茯茶

現在、黒茶の生産が最も多いのは湖南省です。湖南省で作られている茯茶のオリジナルは、この咸陽の涇渭茯茶であるとして、2011年にこの涇渭茯茶が復活します。復活には3年以上の研究、試行錯誤を繰返したと聞いています。

涇渭茯茶の工場はまだ新しく、非常に衛生的です。近年新しく復活したお茶の工場ということもあり、海外輸出も視野に入れているのか、衛生面に相当に気を使っているのがわかります。
本社と工場では社内の研究機関である茶葉研究所の職員さんと董事長(日本で言うところの取締役会長のような役職です)の紀暁明氏、自ら対応していただき、製造工程から細かい質問まで答えていただき、大変勉強させていただきました。

咸陽涇渭茯茶有限公司 董事長 紀暁明氏
咸陽涇渭茯茶有限公司 董事長 紀暁明氏

茶樹は同じ陜西省でも紫陽県、漢江流域を中心とした山間部で主に栽培されています。この地域は昔から銘茶として有名な午子仙毫や紫陽毛尖の産地としても知られる昔ながらのお茶の産地です。そこで摘み取られた茶葉は毛茶(荒茶)まで加工され、この咸陽にまで運ばれてきます。咸陽ではその後の工程、発酵と固形茶として緊圧加工が行われます。

涇渭茯茶

涇渭茯茶の製造工程は独特です。まずはお茶を入れる容器から作成します。ガーゼに糊で指定された木材を使用して作られた特別な紙を両面に貼り付け、茯茶用の長方形の形をした型に貼り付けて数日乾燥させておきます。
運ばれてきた毛茶(荒茶)は大きな包丁のような刃物で切り刻み、適度な大きさになるまで大きさ別の篩いにかけて分別、サイズを整えていきます。
大きさを整えた茶葉は醗酵用の建物の内部に積み上げて、普洱茶の熟茶と同様に水をかけて麹菌発酵を促します。まずは5日ほど醗酵を行い、その後は広げて乾燥させます。

涇渭茯茶

醗酵した茶葉を茯茶用の型分(3kgの茯茶には3.1kgの茶葉)を取り熱した鉄鍋に入れます。その鉄鍋の中で茶葉をドーナッツ状に整え、中心に茶葉の茎のみを煮込んだ汁を入れ攪拌します。

茶葉の粗熱を取り、茯茶用の型に3人がかりで詰め込んでいきます。茶葉を型に入れる人、上から圧力をかける重しを持っている人、茶葉を均一にする人という具合で、結構な重労働です。非常に近代的で衛生的な工場ですが、これらの工程は今も人が行っています。
詰め込み終わった茶葉は密封した後、ところどころ鉄串で空気穴をあけ、通気性が良くなるように茅の茎を差して醗酵用の部屋へ移動します。

涇渭茯茶

発酵用の部屋のある建物は金花と呼ばれる茯茶特有の麹菌が生きています。この麹菌を守るために一部の人しか建物に足を踏み入れることはできません。
醗酵部屋の中では醗酵具合にあわせて保管場所を変えたり、シュロ布をかけたり、外したりと調整を行っています。20日ほど経過すると金花と呼ばれる金色の麹菌がお茶の表面に現れてくるそうです。

この金花は正式名称を冠突散囊菌(Eurotium Cristatum)という麹菌です。湖南省の茯茶にも同じく金花がありますが、涇渭茯茶のそれとは少し違うようで、胞子が大きいのが特徴です。そのためか湖南省のものは日本へ持ち帰ると大抵は金花が消えてしまうのですが、涇渭茯茶の金花はそれよりもかなり消えにくい性質を持っています。研究所の方にも質問させていただいたのですが、おそらく湖南省の茯茶よりも涇渭茯茶の方が金花が大きいからではないかとのことでした。

涇渭茯茶

現地では健康によいお茶として知られています。メーカーである咸陽涇渭茯茶有限公司によると涇渭茯茶には以下の効果が認められているそうです。
・消化促進、整腸作用
・高脂血症や肥満解消(脂肪分解)
・免疫向上、抗癌作用
・血糖値を下げ、抗酸化作用、
・含有フェノールによる毛細血管保護

抗癌作用についてはかなり力を入れて研究しているようで、清華大学と共同研究を今も行っているそうです。研究データなども見せていただきました。今後も涇渭茯茶の効果については継続して研究を行っていくそうです。

涇渭茯茶

本社の中には復刻前の涇渭茯茶も展示されています。すべてショーケースに入って展示されていますが、いくつかはケースから出した状態で見せていただくことができました。「官茶」という文字がはっきりと残っています。

董事長が涇渭茯茶は普洱茶のように高価なお茶にはせず、一般の人達が普通に美味しく楽しめる価格帯を守っていきますとお話になっていたのが印象的でした。消費期限の無い黒茶は普洱茶でなくても近年は投機対象として扱われるようになりつつあり、価格の上昇が見られるようになってきました。中国国内の人件費が高騰しつつある中、この涇渭茯茶に限らず茶葉価格の上昇という問題はかなり大きくありますが、メーカー自らがそれに対応していこうという姿勢は消費者としてとても嬉しいことです。
伝統的な部分は伝統的なままに、近代的な良いものはきちんと取り入れるというしっかりとした姿勢でお茶づくりに向き合っているメーカーという印象を持ちました。

涇渭茯茶には様々なラインナップがあります。日常的に楽しめるものから、特別に指定された茶畑から作られた高級なもの、昔ながらの大きさをしたコレクターズアイテムとも言えるようなものまで様々です。
それぞれ細かな違いはありますが、癖の少ない甘く柔らかいお茶でした。


11401.1
泾渭茯茶(涇渭茯茶)

咸陽涇渭茯茶有限公司が復活させた涇渭茯茶です。

1つ1つ手作業で1回分の大きさの固形茶にして仕上げられているため、気軽にお楽しみいただけます。

柑橘系の果香のある棗系、微かに薬香が感じられますが、全体的に香りは控えめです。味わいは甘く柔らかいミネラル感があり、爽やかでありながらも複雑な美味しさがあり、黒茶特有の癖も少なくお楽しみいただけます。温かいままはもちろん、冷やしても美味しく楽しめます。

中国出張のため、発送業務再開後7月10日以降の発送となります。ご了承ください。


この時期ならではの水出し茶も入荷しております。

当店で取り扱いのある黒茶以外のお茶は基本的に水出しでもお楽しみいただけます。この時期、気軽に水出し茶を楽しみたいということで、以前からご要望の多い、水出し用パッケージでのご提供を行います。

水出しとしてももちろん、ティーバッグとしてお湯で温かいままでも美味しくお楽しみいただける品質の茶葉です。数量限定でのご提供になりますので、気になるお茶がある場合はお早めにご注文ください。

10131.3T
水出し茶 正岩 武夷肉桂(メールマガジンご購読者限定)

通常であれば水出しにするにはもったいない品質の茶葉です。
牛欄坑の近く、若干外れた場所にある高品質の茶葉でご用意しました。
(茶商によっては牛欄坑として販売されるような場所です)
正岩ならではの味わいがお楽しみいただけます。

水出しの場合は通常、1パックにつき500cc~1Lの水で一晩抽出します。(濃い目がお好きな場合は500ccで、さっぱりとした味わいがお好きな場合は1Lでお楽しみください。)
お好みにより水の量や抽出時間を変えてお楽しみください。
抽出後のお茶は冷蔵庫で保管し、お早めにご賞味ください。
もちろん熱湯を注いで温かいお茶としてもお楽しみいただけます。

水出し茶 慧苑 武夷肉桂(メールマガジンご購読者限定)
こちらも通常であれば水出しにするにはもったいないような品質です。
ただし、輸送時に破損してしまった茶葉を使用していますので
熱湯で温かいお茶としてもお楽しみいただけますが
こちらは水出しでお楽しみいただくほうがおすすめです。
その分、大変お得なお値段でのご提供となっています。

水出し茶 蜜蘭香単叢
香り高く、甘く深みのある水出し茶が楽しめます。
もちろん熱湯で温かいお茶としてもお楽しみいただけます。

水出し茶 単叢紅茶
この紅茶は青茶・烏龍茶で知られる鳳凰単欉の茶葉から作られました。
一般的な紅茶よりもしっかりした、深みのある甘さ、清涼感が特徴的です。

水出し茶 蒙頂甘露
水出し茶というと中国茶の場合は青茶をメインに考えてしまいますが、気温の高い時期に美味しくすっきり楽しめるのは実は緑茶のほうが適しています。
すっきりと甘く爽やかな水出し茶をお楽しみください。

水出し茶 雲南緑茶
雲南緑茶は水出しと非常に相性の良いお茶の1つです。
甘さはもちろん、華やかな爽やかさも楽しめます。
日常的にお楽しみいただく常備茶としておすすめです。

水出し茶 雲南緑茶
甘くしっかりした雲南紅茶は水出しにも最適です。
こちらも常備茶としてお楽しみください。

上記以外の黒茶以外のお茶は基本的に水出しでも美味しくお楽しみいただけます。
7月および8月に黒茶以外のお茶をご注文頂いた場合は水出し・アイスティーの作り方をおつけしてお届けいたします。

中国出張のため、発送業務再開後7月10日以降の発送となります。ご了承ください。


7月5日から7月9日までのあいだ、中国出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑、ご不便をおかけして申し訳ありません。
発送業務の再開は7月10日となります。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせの返信メールなどにいつもより少しお時間をいただく場合がございます。

また、7月20日はイベントのため、発送業務がお休みとなります。

ご不便をおかけしますが、どうぞご了承いただけますようお願いいたします。

西安 金康路茶文化街

金康路茶文化街

チベットから青蔵鉄道で西安まで移動しました。

シルクロードの起点として有名な西安にも茶市場があります。
茶市場はいくつかありますが、最も大きく賑わっているという金康路茶文化街へ見学にいってきました。西安の城壁の外へ少し、車で5分ほど行った場所にあります。

長楽中路を中心に金康路茶文化街が広がっています。周囲には大きな茶城もいくつかあります。金康路茶文化街に面した路面店はどちらかと言うと一般の人たちをターゲットとしているような割りと綺麗なお店が多く見られます。ちょっとした茶城の中は奥に行けばいくほど業者向けといった感じのお店が多く見られます。といっても中国は日本のように卸だから一般人には販売しませんということはなく、大量に購入する(≠業者)お客さんは卸売価格まで値下げできる、少量(10〜15キロ位まででしょうか?)購入のお客さんはそれほど安くできないといったスタイルが殆どですので、店構えが玄人向けといっても気にせずに利用することができます。

金康路茶文化街

陜西省は実は銘茶の産地でもあります。
古くからの銘茶として知られる午子仙毫は陕西省西乡县(西郷県)の午子山で1984年から作られ始めたお茶です。現在は国家級名優緑茶とされています。この地域でのお茶作りの歴史は古く、漢代から記録があると言われています。
最近はセレンが多く含まれる健康茶として有名になりつつある紫陽毛尖は紫陽富硒茶として販売されることも増えてきました。(日本へは殆ど輸入されていないようです)
どちらも繊細でとても美味しい緑茶です。
他にも紫陽毛尖の紅茶、紫陽富硒紅茶もまだ数は少ないものの生産されています。かなり製茶方法を研究して創りだされたようで、近年になって新しく作り始めた紅茶ですが、非常に美味しい上質な紅茶です。
そして有名な涇渭茯茶。湖南省の黒茶、茯茶のオリジナルはここ陜西省でした。こちらも近年になって復活し、かなり生産量を伸ばしつつあります。

金康路茶文化街

陜西省のお茶はあまり他の地域で見かけることはありません。
中国国内の通信販売などでセレンが多く含まれる健康茶として安価な緑茶が販売されているものは見かけますが、各地の茶市場や茶葉店の店頭で・・・ということは滅多に見かけることはなく、この地に来ないと入手が難しかったり、良い品質の茶葉を買うことができないお茶でもあります。

折角なので午子仙毫、紫陽毛尖、そして紅茶を作る茶業さんを訪問して色々とお伺いすることに。午子仙毫などの緑茶はもちろんですが、午子仙毫の紅茶、紫陽富硒紅茶の完成度の高さには大変驚きました。
陜西省でのお茶づくりも少しずつ活発化してきているようです。


2014年 特級 蒙頂黄芽
2014年 特級 蒙頂黄芽

お問い合わせの多い蒙頂黄芽がようやく入荷しています。
当店の蒙頂黄芽は黄茶でありながらも癖の無い、甘く香ばしさのある、とても美味しいお茶に仕上がっています。

蒙頂黄芽は中国を代表する銘茶、中でも希少性の高い黄茶に分類されるお茶です。
一般的に黄茶は独特の風味が強いものが多く好みが分かれますが、この蒙頂黄芽は誰もが美味しいと思う品格のある黄茶に仕上がっています。

蒙頂山主峰の標高1200m付近で栽培されている茶樹を2014年3月26日に摘み取り、製茶されています。

伝統的な製法を守りながら更に改良を重ねて作られています。
特有の癖が強い黄茶や、殆ど緑茶としか思えないような黄茶が増えている中、この蒙頂黄芽は黄茶本来の旨みを持ちながら癖を取り除いたような、純粋に蒙頂黄芽としての美味しさを楽しめる上質な黄茶です。

優しい品のある花の香りと香ばしい栗の香りを感じるお茶です。
味わいは深く甘く、複雑な旨みがしっかり出ています。
飲み終えたあとも甘さが戻ってくるような感覚があり、長く余韻をお楽しみいただけます。

黄茶は美味しくない、癖があると思っている方にも是非お試しいただきたいお茶です。


7月5日から7月9日までのあいだ、中国出張のため、発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑、ご不便をおかけして申し訳ありません。

7月2日21時までにクレジットカード・代金引換によるお支払い方法をお選びいただいたご注文、銀行振込やゆうちょ銀行送金などのお支払い方法をお選びいただいた場合は同じく7月2日中に入金確認ができたご注文を7月3日または4日に発送させていただきます。それ以降のご注文は7月10日以降の発送となります。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせの返信メールなどにいつもより少しお時間をいただく場合がございます。

また、7月20日はイベントのため、発送業務がお休みとなります。

ご不便をおかけしますが、どうぞご了承いただけますようお願いいたします。