純種大紅袍3代 金牡丹 入荷しました! / 白磁蓋碗 青花茶こし 再入荷しました!

実に大紅袍らしい品格のある岩茶が入荷しました!

水簾洞 純種大紅袍3代 2018
水簾洞 純種大紅袍3代 2018

大紅袍は岩茶の中でも非常に有名な品種ですが、本来は武夷山の九龍巣景区の岩肌に生える6本の茶樹からつくられた武夷岩茶を指します。これらの茶樹は母樹大紅袍と呼ばれ、自然遺産ともされているため、一般に流通することはありません。一般的に流通している大紅袍は商品大紅袍と呼ばれるブレンド茶です。
他には高価になりますが、純種大紅袍と呼ばれるものもあります。母樹大紅袍からの挿木で増やした2代、3代というものです。現在、母樹大紅袍からの挿木は行われていませんが、80年代以前から武夷山で茶農家を行っている茶師さんたちが昔に分けられた茶樹を大切に育てているものです。

武夷山 母樹大紅袍
母樹大紅袍

母樹大紅袍は3つの品種で構成されていると思われてきました。
その品種は奇丹、北斗、雀舌ですが、近年の遺伝子検査の結果、そのうちの北斗は母樹大紅袍の構成品種ではないことがわかりました。その北斗と思われていた品種は不明ですが、地元では56号と呼んでいます。

武夷山 水簾洞景区
水簾洞景区

今回ご紹介する大紅袍は母樹大紅袍から挿木した3代目、その「56号」を水簾洞景区で大切に栽培した純種大紅袍です。特別なお茶として、機械を使わず、茶師が全て手で製茶しています。


2018年も武夷岩茶の金牡丹が入荷しました!

どうしても金牡丹は生産量が少なく、また青獅子岩のものとなると高価になるため、2018年は入荷を見合わせておりましたが、青獅子岩の金牡丹を楽しみたいというリクエストや、先日のワークショップなどでサンプルをみなさまと味わったところ、大変好評であったため2018年も入荷することにしました。

青獅子岩 金牡丹 2018
青獅子岩 金牡丹 2018

この金牡丹は青獅子岩という、正岩地区の中でも特別な場所で作られた岩茶です。正岩地区の中にも場所により味わいや香りの優劣があり、特にこの青獅子岩で作られる岩茶は最高の味わい、香り、岩韻を備えています。同じ品種の岩茶でも他の場所で作られた岩茶とは全く別物と言って良いほどの味わいと香りの深さがあります。
産地でもまず青獅子岩の金牡丹に出会えることはありません。

年月を経ていくことで旨み、甘味、香りの深さが増してくるお茶です。その変化もお楽しみいただければと思います。

味わいの深さでは2017年の金牡丹がおすすめです。

青獅子岩 金牡丹 2017


人気の白磁茶器が再入荷しました!
品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

景徳鎮 白磁蓋碗
景徳鎮 白磁蓋碗

茶托のないデザインで使いやすく、気軽にお使いいただけます。
少し大ぶりの蓋碗ですが、その分、お茶を美味しく淹れることができます。

使い勝手の良い、美しい青花の茶漉しです。
蓮花と小魚をモチーフとした品のある図柄です。

青花 茶こし(蓮)
青花 茶こし(蓮)

網目はナイロン製の非常に細かいネットになっているため、お茶の細かい白毫も取り去ることができます。
一般的な金属の茶こしよりも細かい網目のため、口当たりが柔らかくなります。
また、金属を使用していないために錆などの心配もありません。


3月10日はワークショップ開催のため、発送業務をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

発送業務をお休みさせていただいている期間も、ご注文は変わらずお受けいたしておりますが、ご注文確認のメールやお問い合わせのご返信に、いつもより少しお時間をいただく場合がございます。
大変ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。