鳳凰単叢 易武薄荷塘 蔵茶 入荷しました!

2018年鳳凰単欉、夜来香と姜母香が入荷しました!

どちらも鳳凰単欉の産地である烏崠山の高山地域で作られた無農薬の厳選した茶葉を使用し炭焙煎で作られた茶師こだわりの鳳凰単欉です。どちらも甲乙付けがたい美味しさです。

鳳凰単叢 夜来香 2018
鳳凰単叢 夜来香 2018

鳳凰単叢 姜母香 2018
鳳凰単叢 姜母香 2018


曼松に続いて易武薄荷塘の小餅が入荷しました!

易武薄荷塘 小餅 2018
易武薄荷塘 小餅 2018

やさしく清らかな花の香り、甘い味わいの春茶(プーアル生茶)です。
手摘みであることはもちろん、機械を一切使用せず、全て手作業による製茶を行っています。

標高1800m付近にある薄荷塘は原生林に囲まれた小さな集落です。この集落にたどり着くのも大変という山奥の集落で、この薄荷塘で作られるプーアル茶はその品質の高さ、また生産量の少なさからも非常に高価なお茶です。中国国内では薄荷塘を名乗った偽物も多く流通しているほどです。

以前ご紹介した曼松と同様、友人である易武天能茶庄がこのお茶を製茶しています。近年、中国国内で投資目的でのプーアル茶需要が高まり、生活の中で楽しめる上質なお茶が少なくなっています。そういった状況に危機感を覚えた友人茶師が、親しい人たちへと本来の楽しみを味わえる日常のお茶として作った一連のプーアル茶の1つで、今回の薄荷塘が2018年は最後のご紹介となります。(2019年は未定)
易武のお茶の入門としてもおすすめです。


毎日のお茶としてお楽しみいただいている方も多く、人気の高い蔵茶が再入荷しました!

蔵茶は四川省の雅安で作られる黒茶で、プーアル茶などを含む黒茶の中では最も古い歴史を持ちます。辺境の少数民族へと運ばれ、消費される辺茶であり、その名の通り、蔵茶はチベットへ運ばれ、消費されるお茶です。

蔵茶 康磚(布袋)
蔵茶 康磚(布袋)

甘い香りで味は非常に柔らかくて甘く、飲みやすく、癖のない甘茶のようです。香ばしさもあり、香り高く、品のある甘さが感じられます。

温かいお茶としてお楽しみいただけるのはもちろんですが、冷やして冷茶としてもおすすめです。ヤカンなどで煮出した蔵茶を冷水筒で冷やして味わっていただくと癖もなく、甘く美味しく、優しいお茶になります。(5gで1リットル)また蔵茶は冷やしてお楽しみいただいても体を冷やしすぎることなく胃腸に優しいのが特徴です。胃腸をはじめ、体に疲れがでるこの時期こそ、おすすめのお茶です。水出しのお茶などは体に疲れが溜まっていたりすると胃に負担がかかることも少なくありません。店主は過去に急性胃腸炎になった際、当然、お茶はもちろん白湯も受け付けないほど胃腸が弱っていたのですが、この蔵茶だけは大丈夫でした。それほど胃腸、体に優しいお茶です。