上海大寧国際茶城

上海大寧国際茶城

安徽省から上海へ移動して、上海では上海大寧国際茶城を見学してきました。

上海では最も大きいと言われる茶城(茶市場)ですが、広州や北京の茶市場に慣れている人にとっては、やっぱり小さいと思ってしまうかもしれません。それでも同じ上海にある天山茶城よりは広い市場です。

上海大寧国際茶城

上海らしく浙江省や江蘇省、安徽省の緑茶が多く見られます。
最近の紅茶ブームもあって祁門紅茶の専門店などもありました。

これは上海のここに限ったことではありませんが、最近は台湾茶も流行りつつあり
各地の茶市場で台湾茶のお店が見られるようになってきました。
ここ上海大寧国際茶城でも数店舗の台湾茶専門店を見かけました。

上海大寧国際茶城

茶城の周囲にも少しですがお茶屋さんが並んでいます。
中にはお茶屋さんではなく一般食料品のお店や向かいには食料品の市場もあります。

天山茶城よりは地元密着型の市場という印象です。
日本語や英語が通じるお店は少ないと思いますが、そのぶん価格も控えめになっているようです。
茶器などの品揃えも上海ならではのスタイリッシュなものが多く揃っています。

上海大宁国际茶城
上海市闸北区共和新路1536号(近洛川东路)


凍頂烏龍茶 2013年冬茶
凍頂烏龍茶 2013年冬茶

鈴茶堂の凍頂烏龍茶は昔ながらのしっかりと発酵・火入れを行った伝統的な製法によるものです。

凍頂烏龍茶というと日本にも良く輸入されていることもあり馴染み深いお茶ですが、この凍頂烏龍茶は深みのある味わいと余韻の長さが違います。その美味しさは癖になるほどで、お客さまの中にはこの凍頂烏龍茶だけをリピートされている方もいらっしゃいます。

焙煎技術が非常に高く、一般的な凍頂烏龍茶の半分ほどしか水分量がありません。
そのため、実質的な賞味期限がなく、時間が建てば経つほど、その美味しさを増していくお茶です。
現在最もお勧めの凍頂烏龍茶は2012年冬茶です。(2012年春茶は完売いたしました。)

凍頂烏龍茶 2012年冬茶
凍頂烏龍茶 2012年冬茶

凍頂烏龍茶 2013年春茶
凍頂烏龍茶 2013年春茶

最近は本来の産地以外で作られた安価なものも流通しています。
この凍頂烏龍茶は代々、伝統的な製法を頑なに守って作り続けています。
ぜひ本来の凍頂烏龍茶の味わいをお試しください。

上海大寧国際茶城」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 鈴茶堂 SUZUCHADO » 成都お茶事情

コメントは停止中です。